五組軍団★CHANNEL@You Tube⇒GO!!

2020年08月03日

粒揃いなDOO-WOP No.17:The Five Satins

得意な寝技は「煎茶臼のばし」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、今回で17曲目のご紹介と相成ります。
theFiveSatins.jpg
 コネチカット州ニューヘブン出身のフレッド・パリスをリーダーとするゴスペル寄りなDOO‐WOPグループ「the Five Satins(ザ・ファイブ・サテンズ)」による、1957発売の「To The Aisle(トゥ・ジ・アイル)」という楽曲で御座います。ビルボードHOT100にて最高25位、R&Bチャートでは5位という大ヒット曲となっております。
 このグループは、バラードのファイブ・サテンズというぐらいの超名門グループで御座います。僕的には、DOO‐WOP偏差値がAランクであると勝手に言ってます(笑)。リーダーでリードシンガーであったフレッド・パリスが兵役の為に脱退した後に、新しいリードシンガーになったビル・ベイカーがこの曲を歌っております。普通なら、有能なリードシンガーがいなくなると、二代目リードシンガーはコケそうな気しますが、彼は見事これを打ち破りました。彼の持つ美しい声が、甘美で幻想的な本曲にピタッとハマってる感じがしますね。
【作詞は、教会にちなんだ内容だそうです】
うぅーーん、名曲中の名曲だな・・・。
posted by ご組軍団 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2020年07月24日

楽しき7inchアナログ盤

得意な必殺技は「レコード手裏剣投げ」、ご組軍団タケで御座る。
ラッツ&スターのリーダーこと鈴木雅之氏からファンの方々への贈り物として、今月の7月15日にデビュー40周年記念の7inchアナログ盤が発売と相成りました。僕から言わせてもらうと、ラッツ&スター(シャネルズ)のシングルレコードが令和に入って発売されたという感覚なので、まったくもって驚きを隠せません(*^^)v
ラッツ全7ichアナログ盤.jpg
【ラッツ&スター(シャネルズ)全7ichアナログ盤】

こちらのレコードは、完全生産限定盤となっております。ご購入希望の方は、いざ挑まん!イヤイヤ、いざ買いまんねん!!(笑)でお願い致します。
UltraChuChuMedley.jpg
【詳しくは⇒コチラ
アナログ盤の内容は、
A面:Ultra Chu Chu Medley〈ハリケーン〜街角トワイライト〜憧れのスレンダー・ガール〜週末ダイナマイト〉
B面:Tears On My Pillow
ということで御座います。
久々の7inchアナログ盤っていうか、当時はシングルレコードって言ってましたよね。やっぱ、レコードってイイっすね!!

そんな中、急に僕の中学生の頃のラッツ&スターにまつわる思い出が蘇りました(笑)
その当時、学校に「TOPBOY」っていうシャンプー持っていき、よく水飲み場で必要もないのに頭洗ってた記憶が・・・。しかもうちのクラスの男だけ(笑)。ラッツ&スターの「楽しき街角」という曲がシャンプーのCM曲で、そのコマーシャルがものすご〜く影響してるんだと思われます(笑)。そんで、そのCMの動画をYoutubeとかでアップしてねぇーかなぁー。なんて検索してたら、上げてる人いるんだね!スゴイわぁ〜〜!!貴重な映像ですね(*^^)v
【1分7秒からTOPBOYのCMが始まります】

そんで、さらに懲りずに検索してたら、ラッツ&スター「楽しき街角」が入っている廃盤扱いのライブ映像をアップしている人も見つけました。
【32分5秒から楽しき街角が始まります】

話が脱線しすぎて、訳わかんねぇーみたいな感じになりましたが、ここで話を戻しますと「鈴木雅之リーダー!ラッツ&スター再集結をお願いします!!」ってことですね(笑)。

それでは、早速ですが7inchアナログ盤を聴いてみよっと。冗談言っちゃあいけねぇ〜な!!レコードプレーヤーが無い・・・、無い、無い、無い(笑)。
お後がよろしいようで・・・。
posted by ご組軍団 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2020年07月15日

粒揃いなDOO-WOP No.16:The Del-Vikings

 得意な寝技は「禁断の"先生は、よせ!!"固め・・・」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、今回で16曲目のご紹介と相成ります。
the del-vikings.JPG
 ペンシルバニア州のピッツバーグに駐留していた空軍のメンバーによって結成された「the Del-Vikings(ザ・デルバイキングス)」というドゥ・ワップグループによる、1957年発売の「Come Go With ME(カム ゴ― ウィズ ミー)」という大々ヒット曲のご紹介で御座います。ビルボード全米4位、100万枚以上のレコードセールスを記録し、ゴールドディスクを獲得しております。言わずもがなロックンロールの金字塔映画「アメリカン・グラフィティ」や伝説となった名優リバー・フェニックス主演の「スタンド・バイ・ミー」の挿入歌としても有名だと思います。もちろん、僕もこの曲を知ったのは、アメリカン・グラフィティのサントラ盤レコードからでした。どうでもいいですけど、この記事を書くまで「アメリカン・グラフィティ」の事を、「アメリカン・グラフティー」って言ってましたよ。相変わらず、わたくし底が浅いです(笑)。
↓ポチッて、ぜひお聴き下さい↓
 実は、今回このグループの楽曲をぜひとも皆さんにご紹介したかった切実な理由があります。現在2020年のアメリカ全土では、「Black Lives Matter」を掲げる人種問題がクローズアップしております。イエローモンキーな僕が言うことでもないのでしょうが、自分なりに、この問題に一石を投じたいと考え、この楽曲を選びました。なぜなら、このthe Del-Vikingsというグループは、その当時としては非常に稀有な人種混合ドゥ・ワップグループなんですね。人種の垣根を超えた極上なハーモニーなんですよ。心をひとつにして歌い上げています。
この曲を聴きながら、肌の色なんて関係のない、自由で平等で平和な世の中になりますように・・・。

Black Lives Matter!Come Go With Me!!
with love from SAPPORO・・・
posted by ご組軍団 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2020年07月08日

令和二年の梅酒づくり

得意な決め技は「脳天じゃなくて青梅唐竹割り」、ご組軍団タケで御座る。
 突然ですが、うちの実家には梅の木が2本もあります。なぜか今年は梅が両方とも鈴生りで御座います。
どうしてだろう・・・、災いが起きるのか・・・、それとも死期が近づいているのか・・・。まぁ、何でもいいや!!(笑)
自家製うめ酒_2020.7.8.jpg
という訳で、今年も恒例の自家製うめ酒を作っちゃいました。今年は大漁!!、いやいや大量に作ることと相成りました。
呑みたい方は、おすそ分けしますので、是非ご連絡下さいね。
梅酒と一緒に僕も付いてきますよぉ〜(笑)
posted by ご組軍団 at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月19日

人生初の柳屋ポマード当選

得意な決め技は「ポマード頭突き」、ご組軍団タケで御座る。
令和2年になってからの3回目の大当たりは「柳屋ウォーターポマード」と相成りました。今年は、開運当たり矢・当たり年です。
当選弓矢詳しくは、コチラをクリック!!
たけ★じょうぎの柳屋ポマード記事.png
【※写真をクリックで拡大】
前回の大当たりブログ記事も、ぜひチェックしてみて下さいね。
 当選弓矢1回目の当選(年賀状二等)のウェブ日記→コチラ
 当選弓矢2回目の当選(プロ野球チップス)のウェブ日記→コチラ
実は柳屋本店さん、今年が柳屋ポマード100周年だそうです。なので、柳屋ポマードにまつわる写真とエピソード募集というキャンペーンを展開中です。
柳屋ポマード100周年.png
【※写真をクリックで拡大】
そこで、密かに応募してたんですねぇ〜。僕って、こういう所が抜け目ないんですよ、はい(笑)。そんでもって、ちゃっかり当選して、柳屋本店さんのHPに掲載されつつ、今まであるようでなかった柳屋ウォーターポマード(水性ポマード)をいただいちゃいました。
柳屋ポマードHPにて当選記事掲載.png
【※写真をクリックで拡大】
という訳で、僕の柳屋ポマード写真&エピソード記事にみんなの力を集結してインスタにて「いいね!!」のワンクリックをお願いするで御座りまする(笑)。ちなみに今現在、いの一番ってぐらい“いいね!!”数多いです。冗談抜きで・・・、10人ぐらいだけど・・・(笑)。
当選弓矢「いいね」するには、コチラをクリック!!
そして、1枚目の写真を目を凝らしてよ〜く見て下さい、あららっ、卒業式の写真が・・・(笑)。
柳屋ポマードを匂うと懐かしい思い出が蘇りますね。この柳屋ポマードは、中学生の頃に漫画「湘南爆走族」の影響で流行りました。確か、小松君が純植物性ポマード、阿部君がジャスミンポマードを使用してたかと思います(ローカルな話題で、訳わかんねぇー笑)。
油性ポマードって、シャンプーしてもなかなか落ちなくってねぇ〜、おかげで受験にも落ちませんでしたとさ!!
お後がよろしいようで(笑)
続きはこちら
posted by ご組軍団 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月01日

粒揃いなDOO-WOP No.15:Billy Ward & The Dominoes

得意な寝技は「60分1発勝負だまし」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、今回で15曲目のご紹介と相成ります。
Billy Ward&the Dominoes.jpg
 今回ご紹介するのは、偉大なるリードボーカルを2人(クライド・マクファターとジャッキー・ウィルソン)も輩出した名門DOO-WOPグループ ビリー・ワード率いるニューヨーク・ブロードウェイで結成されたBilly Ward and The Dominoes(ビリー・ワード&ザ・ドミノス)による1951年発売の「Sixty Minute Man(シックスティ・ミニット・マン)」という楽曲です。
 1954年には、アンサーソング「Can't Sixty No More」も発売されました2曲続けてどうぞ!!
 Sixty Minute Manを日本語に訳すと「60分の男」という曲目なんです。この曲を一言で言い表すと、「下ネタのアメリカ演歌」だと思います(笑)。キスで15分もかけると歌ってます。すごいですねぇ〜、元気ですねぇ〜、マネできませんねぇ〜(笑)。ベースボーカルがリードをとっている珍しいドゥ・ワップのノベルティソングで御座います。

 もちろん、和製DOO-WOPグループのラッツ&スター(シャネルズ)もカバーしております。このユーモラスな曲をコミカルな動きで表現してくれてますね。

 そんでもってもう一発!!こちらは、日本が誇るベースボーカリスト佐藤善雄氏(RATS&STAR)とザ・ムーンドックスとの共演!!下ネタソングを紳士な佐藤氏が歌い上げるというこのギャップがたまりません。
 放送禁止(下ネタだけに)になりながらもビルボードR&Bチャートで14週連続の第1位になり、POPチャートでの17位にランクインしたそうです。ほんと、兵ですよね(笑)。大ヒットした背景には、アメリカが一番裕福でおおらかな時代だったからではないでしょうか・・・。
posted by ご組軍団 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2020年05月01日

粒揃いなDOO-WOP No.14:The Harptones

得意な寝技は「下の真剣白刃取り」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、今回で14曲目のご紹介と相成ります。
 今回ご紹介するのは、ニューヨーク市アッパーマンハッタン地区ハーレムにある中学校の仲間達で結成されたDOO-WOP(ドゥ・ワップ)グループ、the Harptones(ザ・ハープトーンズ)による楽曲「Ou Wee Baby(オー・ウィ・ベイビー)」で御座います。
the harptones.jpg
 山下達郎氏も大好きなグループで、古典ドゥ・ワップと言われる至福の名バラード「Sunday Kind Of Love」や「Life  Is But A Dream」で有名ですね。ちなみに古典ドゥ・ワップとは、落語で言えば「時そば」や「じゅげむ」という古典演目のようなものだと勝手に思ってます。はい、ほんとに勝手です(笑)。このグループは、とにかく一体感のあるハーモニーが持ち味で美しい歌唱なんですが、アップテンポ好きな私は、あえてROCKIN' DOO-WOPである本曲を選ばさせて頂きました。
 上記の写真は、私が所有しているレコードなんですが、こちらに収録されている「Ou Wee Baby」は、オリジナルバージョンとなっております。Youtubeに別バージョンの「Ou Wee Baby」を歌っているハープトーンズの貴重動画がアップされていたので、ご覧下さい。
一番左端がリードのウィリ―・ウィンフィールド、名シンガーです!!
posted by ご組軍団 at 23:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2020年04月18日

【祝40周年】シャネルズからラッツ&スターから鈴木雅之。

 得意な寝技は「袈裟固めからの口吸いの術」、ご組軍団タケで御座いまする。
 令和2年4月15日発売のリーダーこと鈴木雅之氏のデビュー40周年アニバーサリーアルバム「ALL TIME ROCK'N' ROLL」初回限定盤の4枚組CDのご紹介で御座います。iTunesのR&B/ソウルチャートにてシングル&アルバムでW(ダブル)1位を獲得しました。おめでとう御座いまぁ〜す(*^^)v。ラブソングを紡いで40年ですよ、凄い、天晴れ、誉れだと思います。
鈴木雅之_all time rock'n' roll限定BOX.jpg
 あえて多くは語りません・・・、文句なし、マストアイテム、家宝で御座います(笑)。全曲すべてが良いのですが、私個人的には、初回限定盤のみに付いている4枚目のCDに収録されている12・13・14曲の未発表ライヴ音源が最高ですね。鈴木雅之氏が個人で所有していたカセットテープを掘り起こしたみたいです。
 デビュー40周年企画の第一弾ということなので、次は個人的に過去の映像を再発してほしいと思っています。そして、ファンなら誰しもが願うラッツの再集結ですよね!!マーシー田代氏の件が御座いますので難しいと存じますが、田代氏の息子、ターシー田代氏に参加してもらっての再集結なんてのは、乙なものかなと勝手に想像してたりします。勝手過ぎますかね・・・(笑)。幻に終わった桑田佳祐氏プロデュースのニューアルバムの発売なんかあったら気絶ものですよ。それぐらいラッツを愛してやまない私なんです。
それでは、最後にこちら↓の名曲をお聴き下さい。
ラッツ&スター「Tシャツに口紅」
posted by ご組軍団 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2020年04月16日

人生初の野球チップス当選

 得意な寝技は「夜の4番乱れ打ち」、ご組軍団タケで御座る。
いや〜私事で恐縮ですが、最近は立て続けに当たりますねっ!!前回、お年玉年賀ハガキで2等当選したのですが(詳しくは→コチラ)、今回は、野球小僧だった中年が喜ぶモノでした。
 老若男女、野球好きなら必ず食べる!カルビープロ野球チップス!!さて、いつものように何気に食べ始め、カードでも見るかと開けてみたら・・・、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!、思わず、声が出ちゃいましたよ。
2020プロ野球チップス.jpg
 2020プロ野球チップスのカードホルダーが、初めて当たりました。コロナで野球が観れないので、カードで我慢してたら、幸運が舞い降りましたー!!
 これから、家の前で素振りやってきます!!(笑)
追記
posted by ご組軍団 at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月10日

粒揃いなDOO-WOP No.13:The Willows

得意な寝技は「若者くずし」、ご組軍団タケで御座りまする。
DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」今回で13曲目のご紹介と相成ります。

勝手に人気シリーズ記事だと自負しておりますが(笑)、久々の投稿で申し訳御座いません。次回からは、ちょこちょこ頑張りますので、宜しくお付き合い下さいね!!
さて、今回ご紹介するのは、ニューヨークのハーレム出身の五人組、the Willows(ザ・ウィローズ)のDOO-WOPど定番曲「Church Bells May Ring(チャーチ・ベルズ・メイ・リング)」で御座います。
the willows.jpg
教会の鐘が鳴るというタイトル通り、ウェディング気分を彷彿させる名曲で、1956年のビルボードR&Bチャートで11位を記録しています。鐘の音を効果的に使うことにより、ドゥ・ワップ特有の泥臭さが相殺され、Pop'n Doo-Wop(ポップンドゥ・ワップ)に昇華されたのではないかと感じてます。この曲の成功が、後のニール・セダカの「おお!キャロル」のヒットに繋がっていくはず・・・、そう何を隠そう、この鐘を鳴らしているのはニール・セダカだそうです!!
因みに、しばらくの間、Church Bells May Ring(教会の鐘が鳴る)」ではなく、「Church Bells My Ring(教会の鐘と指輪)」だと本気で思ってました。思い込みは禁物です(笑)。
posted by ご組軍団 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2020年03月27日

人生初の年賀状二等当選

得意な寝技は「必殺巨〇ン乱れ打ち」、ご組軍団タケで御座います。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!苦節何十年・・・、遂に、お年玉付き年賀はがき二等が当たっちゃいました!!当選確率は、10,000人に1人だそうです。
二等当選の年賀状2020.jpg
【画像クリックで原寸大表示】
二等の当選番号『9406』で、ふるさと小包がもらえるので、体重計にしましたとさ。当たった人にしかわからない気持ちだけど、三等の切手シートより心躍るね。当たりだけに、当たり前だろ!!(笑)
駄洒落も冴えわたるーーーーー!!
お後が宜しいようでm(_ _)m
posted by ご組軍団 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月29日

第二回 ご組軍団の下馬鹿大喜利

得意な寝技は「イチモツつばめ返し」、ご組軍団タケで御座る。
 実は二月八日(土)、札幌の某ホテルにて、まさかの二回目・・・、帰ってきた好企画・・・(笑) 「第二回 ご組軍団下馬鹿大喜利」がスケールアップし、より盛大に開催されてました。前回の下ネタ大喜利の記事は→コチラをクリック
下馬鹿大喜利全員で扇子_20190208.JPG
【写真クリックで拡大表示】
 企画名も「五組軍団下根多大喜利」から「ご組軍団下馬鹿大喜利」と名称を変え、よりコンプライアンスに配慮したかたちだったのですが、結局は『下馬鹿大喜利』ではなく、下ネタ回答で観る人をザクザク斬りまくる『下根多(ネタ)大斬り』ってな感じでしたね(笑)。
 さて、今回は前回の優勝者Hossyの二連覇なるか・・・、それとも挑戦者が現れるのか・・・、お楽しみは↓コチラの動画をご覧ください

えっーーー!?、只今、動画素材不足のため準備中で御座います(笑)

結論から言っちゃうと、ご組軍団Hossyの二連覇でした、座布団全部持っててーーー!!!!!(笑)
下馬鹿大喜利全員_20190208.JPG
【写真クリックで拡大表示】
チャンピオンジャケット(黄色のスタジャン)がよく似合う優勝者Hossyを囲んで
Hossyの回答が一番大喜利らしいよ(笑)
Hossy二連覇_下馬鹿大喜利.JPG
ちなみに、筆者(左側)が持っているのが、今回の記念品のご組軍団オリジナル扇子と前回の記念品ご組軍団オリジナル定規で御座います。スケールアップしているのは、企画内容ではなく、記念品だったりして・・・(笑)。
posted by ご組軍団 at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご組の下根多大喜利

2020年01月04日

【令和二年(2020)】令和初の書初め

得意な寝技は「筆の二刀流」、拙者ご組軍団タケ定規で御座る。

謹賀新年で御座います。
皆さんは、大みそかやお正月を楽しく過ごしてましたか?
私は、恒例の書初めを行いました。
書初め2020_茶漬けを掻き込む.jpg
今年も挑戦者として、いろいろなことに挑んでいきます。
早速ですが、上達しないんで書道を習おうかなと・・・、「茶漬けを掻き込む」なんて書いてるからダメなんだわ(笑)。
本年も宜しくお願い申し上げます。
posted by ご組軍団 at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月01日

粒揃いなDOO-WOP No.12:The Cleftones

得意な寝技は「番茶臼くずし」、拙者 ご組軍団タケ定規で御座る。
 明けまして、おめでとう御座います。本年も昨年に引き続き、当ウェブ日記を宜しくお引き立ての程お願い申し上げます。DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、令和二年に入って初、本記事で12曲目のご紹介と相成ります。

 今回ご紹介するのは、楽曲制作も手掛けるリードボーカル ハービー・コックス率いるニューヨーク・クイーンズ出身の5人組ドゥ・ワップ・グループthe Cleftones(ザ・クレフトーンズ)による1956年発売の「Can'T We Be Sweethearts(キャント・ウィー・ビー・スィートハーツ)」という楽曲です。
the cleftones_heart&soul.jpg
【↑レコードの右端がリードボーカルのハービー・コックス】
 ビルボードポップチャート18位のスマッシュヒットとなった本曲は、ドゥワップ特有の泥臭さが少ない上品なコーラスワークとサックス奏者ジミーライト率いるジミーライトオーケストラがガッチリハマった仕上がりになっております。
 クレフトーンズは、その後一時期低迷してましたが、60年代前半に巻き起こったドゥ・ワップ・リバイバルの波に乗り、メンバーチェンジで女性ボーカルをメンバーに加入させたりして、見事に復活を遂げるのでした。皆さんもご存じの映画「アメリカン・グラフティ」の挿入歌「Heart&Soul」で御座いますね。ちなみに、僕の敬愛するラッツ&スター(シャネルズ)のセカンドアルバムのタイトルは、こちらからインスパイアされたものだと思われます。

the-cleftones-68934205-7a39-4b85-a15f-440e603cd2c-resize-750.jpeg
【↑コレクタブルズより発売の二枚組CD】
 僕はクリフトーンズのレコードは持っておらず、上記のジャケ写のCDを所有しています。このCDに収められているCan'T We Be Sweetheartsは61年の再録音されたもので、56年発売シングルレコードのオリジナル録音ものとは間奏のサックスソロが違うんですね。何が違うかというと、56年のサックスソロはエッジがき効いていて、61年録音のサックスソロは優しい感じです。表現が乏しい様な・・・、はい、すいません(笑)

 下記のユーチューブ動画は、56年のジミーライト・オーケストラのバンマスであるジミー・ライトのサックスが聴けるオリジナル版となっております。
【Let's Get Ready To DOO-WOP!!!!!】
続きはこちら
posted by ご組軍団 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2019年12月27日

粒揃いなDOO-WOP 11:the Nutmegs

 得意な寝技は「黒豆茶臼くずし」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、本記事で11曲目のご紹介と相成ります。

 今回ご紹介するのは、グリフィン兄弟を中心に結成されたコネチカット州ニューヘヴン出身のtheNutmegs(ザ・ナツメグス)による1956年発売の「Comin' Home」という楽曲です。
the nutmegs.jpg
 リードボーカルのリロイ・グリフィン(上記写真の中央)のハスキーで凛としたボーカルとそれを際立てるコーラスワーク、DOO-WOPの真髄ここにあり!!で御座います。ドゥ・ワップバラードを得意としているグループですが、アップテンポなドゥ・ワップナンバーである本楽曲もイイ感じですよ。またベースボーカルに特徴があり、ちょっとやそっとでマネできるものではないと思います。僕だったら、確実に舌かみますわ(笑)
↑質の高いドゥ・ワップをご堪能下さい↑
posted by ご組軍団 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2019年11月27日

粒揃いなDOO-WOP 10:the Heartbeats

 得意な寝技は「抹茶臼くずし」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、今回は10曲目のご紹介と相成ります。20曲のうち、やっと半分の10曲まできました。いや〜キツイわぁ・・・、冗談言っちゃいけねぇーな(笑)。さぁ、気を取り直していってみよう!!

the Heartberts.jpg
 今回ご紹介するのは、甘くシルクのようなヴォーカルと形容されるジェームス"シェップ”シェパードをリードシンガーとするニュヨーク出身のDOOWOPグループthe Heartbeats(ザ・バートビーツ)による1958年リリースの「I Found A Job」という楽曲です。
 ハートビーツと言えば、ドゥワップ・バラードの名曲「A Thousand Miles Away」が超有名なのですが、実はこのグループはブルージーな曲も素晴らしいんですね。そのブルージーな楽曲の中で、僕が一番好きなのがI Found A Job(アイ・ファウンド・ア・ジョブ)で御座います。この曲はザ・シルエッツの「ゲット・ア・ジョブ」という楽曲のアンサーソングだったりしますね。正直、大ヒットまではしなかった曲なんですが、R&Bノベルティソングとしてクウォリティーの高い、コーラスワークが冴える隠れ名曲であると思います。
 間奏のワイルドなサックスもめちゃくちゃGOODなんだよなぁ〜、そうそうサックスの部分だけ抜き出して、ループさせたらヒップホップのいいバックトラックになったりするのかなぁ〜と勝手に考えてたりします。(この曲の良い所って間奏なのかーーーーーい!!笑)
posted by ご組軍団 at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2019年10月04日

【大漁だえ〜】三日月湖で釣り

得意な寝技は「斎太郎節茶臼くずし」、ご組軍団タケ★定規で御座りまする。

釣りというのは、『フナに始まり、フナに終わる』、初ヘラブナ釣りに挑戦してきました!!
ご組軍団の聖地、いやいやヘラブナの聖地と呼ばれる「三日月湖(しのつ湖)」で、令和初の釣りと相成りました。
野趣あふれる原風景が、まるで鏡のように湖面に映り、美しく素敵ですよね(うっとり・・・)。
三日月湖で釣り2019_1.JPG
因みに、筆者の顔は何故かいやらしいですよね(笑)

大物のヘラブナを釣り上げるぜ!!と早速釣り糸を垂らしてみると・・・、引きが早ぇ〜〜、えっ!?早くもヘラブナか??
三日月湖で釣り2019_2.JPG
手のひらの中にワカサギーーー!?いや煮干しだな、これ(笑)

さぁ〜、気を取り直して二投目行ってみよう!!
えっ――!?ここから先は動画にてお楽しみ下さい。
竿から伝わるこの感触は、カラス貝かも・・・(笑)。
動画を観た感想コメントをどしどしお寄せ下さい!!!!!
posted by ご組軍団 at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月21日

粒揃いなDOO-WOP No.9:the Drifters

 得意な寝技は「梅こぶ茶臼くずし」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、今回は9曲目のご紹介と相成ります。
the drifters.JPG
【全員の顔が、全員だけに全員集合のいかりや長介系】

 お笑いの大御所といえば、全員集合のドリフターズ、ドゥワップの大御所と言えば、言わずもがなザ・ドリフターズだと思います。いかりや長介さんの顔付きは、もろドゥ・ワップな顔付きだと思うのは僕だけでしょうか。上記の画像を良く観て下さいよ、4人とも全員集合!!ってぐらい長さん似だと思います(笑)。
 個人的には、ビリー・ワード&ザ・ドミノスのリードボーカルであるクライド・マクファター(※上位の画像のジャケ写にはいません)率いる初期のドリフターズが大好きです。今回ご紹介するデビュー曲「Money Honey(マニー・ハニー)」(1953年リリース)は、ビルボードR&Bチャート1位に輝きました。50年代はドゥワップコーラススタイル、60年代はソウルコーラススタイルと大雑把に分けることができると思いますが、クライド・マクファターのハイテナーですすり上げるようリードボーカルとドゥワップコーラススタイルが見事に合致した好楽曲で御座います。こりゃ、エルビスプレスリーもカバー(1956年リリース)しちゃいますわ!!ってか、「Money Honey」って、ロックンロールだったりして・・・(笑)
【初期ドリフターズのマニー・ハニー】

【エルビスプレスリーのマニー・ハニー】

 この時代のコーラスグループにありがちなんですが、このドリフターズもメンバーチェンジの繰り返しが多く、結局、元祖ドリフターズと新生ドリフターズに分かれ、ドリフターズが二組が存在したみたいです。いつの時代も金で揉めるんでしょうね。因みに、新生ドリフターズのリードボーカルは、ベン・E・キングでした。
posted by ご組軍団 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2019年08月31日

粒揃いなDOO-WOP No.8:Frankie Lymon & The Teenagers

得意な寝技は「緑茶臼くずし」、ご組軍団タケで御座る。
僕が選曲したDOO-WOPという音楽ジャンルのおススメなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」シリーズ、今回で8曲目のご紹介と相成ります。
Frankie Lymon & The Teenagers.jpg
元祖ボーイズグループと言えば、このフランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ!!ビルボードR&Bチャート1位を獲得した大ヒット曲「WHY DO FOOL FALL IN LOVE」邦題「恋は曲者」のご紹介です。
この曲との出会いは、ロックンローラーの金字塔映画「アメリカングラフティー」の挿入歌としてでした。フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズの1956年のデビュー曲なんですね。ロックンロール時代のドゥ・ワップを代表する一曲だと思います。っか、ドゥ・ワップと言えば、この曲といっても過言ではないです、はいっ・・・。

このグループがいたから、ジャクソン5(ジャクソンズ)誕生し、ニューエディションが誕生し、ボーイズUメンやジョデシが誕生して現代に至る的な・・・。
【貴重な映像ですね】

最年少のリードボーカルであるフランキー・ライモンは、ドラッグにて早死にとなってしまいましたが、この一曲でしっかりと爪痕を残したかと思われます。
色褪せることのない永遠の名曲で御座います。
posted by ご組軍団 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き

2019年08月21日

そば寿司と盆踊りと外焼き肉とスイカと定規付き扇子

得意な寝技は「そば茶臼くずし」、ご組軍団タケで御座る。

皆様、北海道の夏もあっという間に終わってしまいましたね。お盆はどのようにお過ごしになりましたか?
拙者は、徒然なるままに、

そば寿司を食べに、いざ出陣
竹老園の門2019.JPG
釧路の竹老園 東家総本店に参上!!

札幌の東橋と釧路の東橋、姉妹橋?
竹老園の店構え.JPG
殿のおな〜り〜(笑)

茶そばを手繰り、そば寿司を放り込む
竹老園のそば寿司.JPG
余は満足じゃ

腹が一杯になったので
盆踊り2019.JPG
盆踊りで体を絞ってみたものの

おらぁ、腹が減っただぁ〜
お外で焼肉2019.JPG
令和初の外焼き肉で狼煙を上げ

年貢のスイカが生っている・・・
スイカ2019.JPG
流石に、食べるのを我慢し

よく見ると、定規と扇子が合体してる定規付き扇子を購入するという
自画像2019.JPG
扇子だけに自分のセンスに天晴れ

締めは、やっぱり駄洒落で御座る(笑)
posted by ご組軍団 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記