五組軍団★CHANNEL@You Tube⇒GO!!

2020年06月19日

人生初の柳屋ポマード当選

得意な決め技は「ポマード頭突き」、ご組軍団タケで御座る。
令和2年になってからの3回目の大当たりは「柳屋ウォーターポマード」と相成りました。今年は、開運当たり矢・当たり年です。
当選弓矢詳しくは、コチラをクリック!!
たけ★じょうぎの柳屋ポマード記事.png
【※写真をクリックで拡大】
前回の大当たりブログ記事も、ぜひチェックしてみて下さいね。
 当選弓矢1回目の当選(年賀状二等)のウェブ日記→コチラ
 当選弓矢2回目の当選(プロ野球チップス)のウェブ日記→コチラ
実は柳屋本店さん、今年が柳屋ポマード100周年だそうです。なので、柳屋ポマードにまつわる写真とエピソード募集というキャンペーンを展開中です。
柳屋ポマード100周年.png
【※写真をクリックで拡大】
そこで、密かに応募してたんですねぇ〜。僕って、こういう所が抜け目ないんですよ、はい(笑)。そんでもって、ちゃっかり当選して、柳屋本店さんのHPに掲載されつつ、今まであるようでなかった柳屋ウォーターポマード(水性ポマード)をいただいちゃいました。
柳屋ポマードHPにて当選記事掲載.png
【※写真をクリックで拡大】
という訳で、僕の柳屋ポマード写真&エピソード記事にみんなの力を集結してインスタにて「いいね!!」のワンクリックをお願いするで御座りまする(笑)。ちなみに今現在、いの一番ってぐらい“いいね!!”数多いです。冗談抜きで・・・、10人ぐらいだけど・・・(笑)。
当選弓矢「いいね」するには、コチラをクリック!!
そして、1枚目の写真を目を凝らしてよ〜く見て下さい、あららっ、卒業式の写真が・・・(笑)。
柳屋ポマードを匂うと懐かしい思い出が蘇りますね。この柳屋ポマードは、中学生の頃に漫画「湘南爆走族」の影響で流行りました。確か、小松君が純植物性ポマード、阿部君がジャスミンポマードを使用してたかと思います(ローカルな話題で、訳わかんねぇー笑)。
油性ポマードって、シャンプーしてもなかなか落ちなくってねぇ〜、おかげで受験にも落ちませんでしたとさ!!
お後がよろしいようで(笑)
続きはこちら
posted by ご組軍団 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月01日

粒揃いなDOO-WOP No.15:Billy Ward & The Dominoes

得意な寝技は「60分1発勝負だまし」、ご組軍団タケで御座る。
 DOO-WOP(ドゥ・ワップ)という音楽ジャンルにおける僕の選りすぐりなベスト20曲を紹介していくブログ記事、題して「粒揃いなDOO-WOP」、今回で15曲目のご紹介と相成ります。
Billy Ward&the Dominoes.jpg
 今回ご紹介するのは、偉大なるリードボーカルを2人(クライド・マクファターとジャッキー・ウィルソン)も輩出した名門DOO-WOPグループ ビリー・ワード率いるニューヨーク・ブロードウェイで結成されたBilly Ward and The Dominoes(ビリー・ワード&ザ・ドミノス)による1951年発売の「Sixty Minute Man(シックスティ・ミニット・マン)」という楽曲です。
 1954年には、アンサーソング「Can't Sixty No More」も発売されました2曲続けてどうぞ!!
 Sixty Minute Manを日本語に訳すと「60分の男」という曲目なんです。この曲を一言で言い表すと、「下ネタのアメリカ演歌」だと思います(笑)。キスで15分もかけると歌ってます。すごいですねぇ〜、元気ですねぇ〜、マネできませんねぇ〜(笑)。ベースボーカルがリードをとっている珍しいドゥ・ワップのノベルティソングで御座います。

 もちろん、和製DOO-WOPグループのラッツ&スター(シャネルズ)もカバーしております。このユーモラスな曲をコミカルな動きで表現してくれてますね。

 そんでもってもう一発!!こちらは、日本が誇るベースボーカリスト佐藤善雄氏(RATS&STAR)とザ・ムーンドックスとの共演!!下ネタソングを紳士な佐藤氏が歌い上げるというこのギャップがたまりません。
 放送禁止(下ネタだけに)になりながらもビルボードR&Bチャートで14週連続の第1位になり、POPチャートでの17位にランクインしたそうです。ほんと、兵ですよね(笑)。大ヒットした背景には、アメリカが一番裕福でおおらかな時代だったからではないでしょうか・・・。
posted by ご組軍団 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DOO-WOP好き